オンカジ業者の口コミを徹底削除!24時間直ぐにあなたの口コミが即反映します!
コニベットの入金不要ボーナス

スマスロ南国育ちの未解析設定判別

2024年3月30日

  • 基本情報
スマスロ南国育ちの未解析設定判別

スマスロ南国育ち

設定推測スピード
判別速度11
▼スロット基本情報
メーカー名平和オリンピア
機械割97.7%~110.0%
タイプAT機

シリーズ伝統のゲーム性を踏襲して、平和オリンピアより「L南国育ち」が遂にスマスロで登場する。

通常時は伝統のパトランプが光ればボーナス確定というおなじみのゲーム性で、更にレア役成立でボーナスのチャンスにもなる。

ボーナスは青BIG(約240枚)・赤BIG(約230枚)・REG(約85枚)の3種類で青BIGはBIGの1G連が確定。

ボーナス中のレア役はBIG1G連の抽選を行い、お馴染みのバタフライゾーン(8G)で蝶が飛べばボーナス1G連をゲットする流れは変わらない。

新たな要素としてバタフライゾーンでボーナス非当選でも、(超)ときめきゾーン(32G)へ移行するのでボーナスのチャンスは継続。

更にループ率約93%の蝶飛翔モードも搭載してており、他のスマスロにも負けない性能を誇る。


おすすめオンカジサイトのご紹介

シンクイーンカジノ

シンクイーンカジノではまたパチスロが打てる!
おすすめポイント
  • 今なら無料登録するだけで最大ボーナス88ドルGET
  • しかも最大でフリースピン88回も付いてくる!
  • アメバTVでも放送された海外合法パチスロ
  • 他有名ライターや必勝本の水瀬美香が実戦して話題になる
  • ガチ実機をオンラインを通して回せる
  • パチンコ店の様にデータ機器を見て台を選べるのでエナも可能
  • ノーマル機がほとんどで設定投入イベントもある
  • 4号機はもちろん人気の5号機やCR機やMAX機も遊べる

スマスロ南国育ちの未解析設定判別

スマスロ南国育ちは「ボーナス初当たり」「飛翔モード」「初代モード」に設定差アリ

スマスロ南国育ちは「ボーナス初当たり」「初代モード」「感じてSunshine」に設定差アリ

スマスロ南国育ちの未解析設定判別要素はズバリ「ボーナス初当たり(通常解除)」「初代モード」「感じてSunshine選択率」となっております。

始めに言っておきますがスマスロ南国育ちは「かなり設定6が分かりにくい」仕様となっており、従来の南国シリーズとは異なり爆発力に特化した作りとなっております。

南国シリーズは全て設定6が分かりやすく、朝イチだけ打たれて放置が多かったのでメーカーも対策してきたのだと思います。

まずスマスロ南国育ちは設定6の機械割が110%と若干低く設計されておりますが、小さなパトランプやリール図柄そして停止音等、かなり初代南国を意識した作りです。

6号機の南国育ちは本機で2作目となっており、前回は4thリールでしか再現出来なかった高純増を3リールで実現しています。

本機にミミズはありませんが、実質ミミズとも呼ばれる近い動きをする「初代モード」が搭載されております。

初代モードは名前の通り4号機南国育ちの設定6の挙動に近い動きになるモードの事で「単発→3連を繰り返しやすく」ヴァルヴレイヴのミミズとは異なりダラダラ増えていきます。

初代モードの機械割は設定1でも100%超で設定6なら116%との噂もあります。

液晶を搭載していないので、最近の平和オリンピアでお馴染みだった打-WIN LITE(ダーウィンライト)は搭載しておりませんのでご注意下さい。

南国育ちとは

南国育ちとは

初代南国育ちは2004年5月に導入された4号機で、単純明快なゲーム性に加え蝶が飛ぶ中毒性が受けた人気機種です。

パネル違いが何種類も販売される程の人気で、おそらくパチスロの歴史上で最も新パネルやパネル違いが多いスロット台でもあります。

設定6の機械割は113.3%と当時としてはそこまで高い機種ではありませんが、設定6は「単発→3連を繰り返しやすい」特徴があり見抜きやすく、安定性の高さからもプロ御用達の機種としても有名。

イベント時はホール内でも最も早く埋まる事も多く、ホールとしても6投入のアピールをしやすい台だったとも言えます。

徐々に設置台数を減らすホールもあったが、固定客も多い台だったのでみなし機撤去の最終最後まで設置したホールも多い伝説の台。

スマスロ南国育ちの初当たり確率の嘘

スマスロ南国育ちの初当たり確率の嘘

スマスロ南国育ちですが、通常時は初代踏襲のゲーム性で「キュイン」とパトランプが鳴ればボーナス確定。

初当たりのボーナス確率は既に公式から発表されており、初代南国以上の設定差があります。

飛翔率やモードにも差はありますが、初代モードが別に用意されているので初代南国程に分かりやすくはなく初当たり確率が最も重要とも言えます。

メーカー発表の気になる数字は以下の通りとなっております。

ボーナス初当り確率
設定 ボーナス確率 機械割
1 1/299.8 97.7%
2 1/291.0 98.9%
3 1/267.3 101.6%
5 1/238.6 106.0%
6 1/208.8 110.0%

上記の数字は「通常解除」「チェリー・スイカ解除」「プリリプ」の合算値をモード滞在率で算出した数字で全く参考にならない数字です。

おそらく「プリリプでの解除は全設定共通」でモードで差があるとは思えません。

そしてレア小役のボーナス確率はモードにより異なり設定差もありますが、微々たる数字でとてもこのままでは「1/299.8~1/208.8」の数字とは程遠いです。

つまりスマスロ南国育ちは公開されていない「通常解除に特大設定差」がある訳です。

初代モードにも設定差はありますが、設定6でも一日打って1度突入するレベルなのでそこまでトータルのボーナス確率に影響があるとは思えません。

実戦データ上のプリリプ確率

実戦データ上のプリリプ確率

スマスロ南国育ちでのボーナス当選契機の一つである「プリリプ」ですが、いつの間にか南国シリーズで搭載されるようになりました。

記憶は曖昧ですが、始まったのは「南国育ちスペシャル」からだったかもしれません。

個人的にはプリリプはあんまり好きではなく、プリリプがあるから通常時に鳴く確率が下がっているので次回以降は廃止して欲しいです。

そんなプリリプですが、大量実戦から通常時の確率を算出してみたのでご確認下さい。

プリリプ確率
設定 総回転 プリリプ解除 確率
1 11,464G 17回 約1/674
5 9,643G 16回 約1/602
6 20,806G 35回 約1/594
合算 41,913G 68回 約1/616

上記の数字は全てAT中を除く、通常時を算出した数字です。

試行回数が少なくサンプル数の問題もありますが、実戦上の数字はある程度体感通りの数字となりました。

設定1と高設定域で多少の差はありますが、おそらく試行回数の問題で「プリリプに設定差はない」と予想出来ます。

プリリプも当選のメイン契機ではなく、あくまでサブ的な要素なので「もしプリリプをメインにするとゲーム性が崩壊して期待感を演出できない」のでメーカーとしても設定差を設ける意味がありません。

設定差があったとしても微々たるモノと予想出来ますので、つまりプリリプ確率は「全設定共通で約1/600で解除」の可能性が高いです。

今回算出したプリリプ確率を元に次項で、設定差が大きいと言われている通常解除の確率に迫ります。

通常解除の確率

通常解除の確率

さてスマスロ南国育ちでの最大の設定差である「通常解除の確率」について逆算していきます。

まずメーカー発表値による各モードのボーナス確率は以下の通りとなっております。

各モードの初当り確率
設定 通常A 通常B 初代 引き戻し チャンス
1 1/331.6 1/331.6 1/160.0 1/131.7 1/106.1
2 1/322.1 1/322.1
3 1/298.1 1/298.1
5 1/272.7 1/272.7
6 1/250.7 1/250.7

「初代モード・引き戻し・チャンス」は全設定共通で「設定差があるのが通常ABのボーナス確率(初当たり確率)」です。

ですが公開している数値は「通常解除・レア小役解除・プリリプ解除」の合算値であり、重要な通常解除の確率が分かりません。

今回は上記に大量実戦からの「プリリプ解除確率」と解析値の「レア小役解除」から逆算した数値が以下となっております。

モードABの各ボーナス確率
設定 通常解除 プリリプ解除 チェリー解除 スイカ解除 合算
1 1/1,456 1/600 1/2,381 1/4,129 1/331.6
2 1/1,413 1/600 1/2,086 1/4,000 1/322.1
3 1/1,246 1/600 1/1,613 1/3,765 1/298.1
5 1/997 1/600 1/1,429 1/3,368 1/272.7
6 1/827 1/600 1/1,250 1/3,200 1/250.7

いかがでしたでしょうか。

気になるのは、やはり通常解除のボーナス確率(初当たり確率)で「1/1,456~1/827」となっており「設定1と設定6では約2倍近い設定差」が出ています。

改めて数字を見ると設定1は通常時にほとんど期待出来ない数字で、退屈になるのは致し方ないレベルだと思います。

正直ここまで低い数字だとは思っていませんでした(どうにかして欲しかったのが本音)。

さてモードを完璧に見抜くのは難しいですが、チャンスモードは朝イチ200ゲーム以内しか滞在しないのでABのサンプル数を取るのは比較的容易です。

チェリー解除もそれなりの設定差があるのでプリリプはシカトして「通常解除とチェリー解除」を中心に立ち回るのがベターでしょう。

感じてSunshine選択率

感じてSunshine選択率

スマスロ南国育ちでは、ボーナス入賞時の先飛翔時またはボーナス中の1G連当選時に楽曲が変化します。

変化する楽曲は「マーメードに恋」「感じてSunshine」「Summer Refrain」のいずれかとなっており、中でも「感じてSunshineの選択率に設定差」があります。

感じてSunshineの選択率
設定 選択率
1 2.0%
2 4.0%
3 6.0%
5 8.0%
6 10.0%
※「跳ねる飛沫 伝わる熱 舞え Blue sky…」で始まる楽曲※

設定6でも10%程度なので、サンプルが取りにくいですが一度でも確認できたら、そこそこ期待できる判別要素の一つです。

スマスロ南国育ちはレギュラーが多い

スマスロ南国育ちはレギュラーが多い

スマスロ南国育ちですが非常にレギュラーボーナス(バケ)が多く偏りやすいです。

スマスロ南国育ちと比較にされやすい沖ドキですが、沖ドキの通常時はビッグとバケがほぼ1対1なので仕方ないですが連チャン中は異なります。

沖ドキは内部的には自力抽選なので、連チャン中はビッグの確率が上がっておりビッグを引きやすくなっています。

更に次回天国時はカナちゃんランプ点灯抽選で強制ビッグもあるので、結果的にビッグ傾向型のスペックです。

さて南国の話に戻りますが、南国も同様に1G連抽選はありますが確率は低く強制ビッグの恩恵にはあやかりにくいです。

実はスマスロ南国育ちでレギュラーボーナスが多い理由は振り分けにありました。

ボーナス比率
設定 BIG REG
1 53.4% 53.4%
2
3
5 54.1% 45.9%
6 55.3% 44.7%

上記の通り、多少の設定差はありますが1日で実感出来る程の差はありません。

ビッグの方が若干引きやすいですが「ほぼビッグとバケは1対1」と捉えてもおかしくない差しかありませんので、レギュラーボーナスが多くなるのも仕方がないかもしれません。

飛翔モードの期待枚数は約1,000枚と言われておりますが、引き弱い人がバケに偏れば300枚で終わる事も普通にあり得ます。

スマスロ南国育ちの設定狙いまとめ

スマスロ南国育ちの設定狙いまとめとなりますが、最も重要なのは「通常解除」「チェリー解除」となっており現時点では初当たり契機を意識して立ち回る事をおすすします。

飛翔までの平均ボーナス回数は約4回~3回と言われており、初代の様に別格ではなく実戦した感じでは推測難易度はかなり高い部類かなといった印象です。

初代モードは高設定ほど突入しやすく長続きしやすいので、まずは「有利区間切れから初代モードを目指す」のが一つの目標になってくるかと思います。

今後も「モード移行率や通常解除率」に関する解析は出ないと思われますので、是非未解析情報になりますが参考になれば幸いでございます。

エルドラード