オンカジ業者の口コミを徹底削除!24時間直ぐにあなたの口コミが即反映します!
野球もサッカーも格闘技もコニベなら安全に賭けれる

キン肉マン(スマスロ)の未解析設定判別

2024年1月18日

  • 基本情報
キン肉マン(スマスロ)の未解析設定判別

キン肉マン(スマスロ)

設定推測スピード
判別速度11
▼スロット基本情報
メーカー名山佐(ヤマサ)
機械割97.9%~114.9%
タイプAT機

山佐ネクストのスマスロ「スマスロキン肉マン~7人の悪魔超人編~」が満を持してホールに誕生した。

スロットキン肉マンと言えば5号機時代に一時代を築いた事で有名な版権タイトルだが、5号機終盤で続編がヒットを飛ばせず版権の力も下がる一方でした。

ですが今回は待望のスマスロなので、ホールそしてユーザーから山佐が正義超人として返り咲くか注目が集まっている。

注目のゲーム性はAT機となっており、お決まりのポイント集めと思いきや転生システムの減算で、直ATに加え減算区間もない常に高純増6.1枚を誇る爆裂機コイン単価約4.4円の荒波仕様となっている。

AT中はモンキーの様なシナリオ管理で悪魔超人を7人倒して、悪魔将軍とのバトルを得て上位ATである「悪魔大行進」へと突入して魔界ループを目指すゲーム性だ。


おすすめオンカジサイトのご紹介

シンクイーンカジノ

シンクイーンカジノではまたパチスロが打てる!
おすすめポイント
  • 今なら無料登録するだけで最大ボーナス88ドルGET
  • しかも最大でフリースピン88回も付いてくる!
  • アメバTVでも放送された海外合法パチスロ
  • 他有名ライターや必勝本の水瀬美香が実戦して話題になる
  • ガチ実機をオンラインを通して回せる
  • パチンコ店の様にデータ機器を見て台を選べるのでエナも可能
  • ノーマル機がほとんどで設定投入イベントもある
  • 4号機はもちろん人気の5号機やCR機やMAX機も遊べる

キン肉マン(スマスロ)の未解析設定判別

正義超人チャレンジ赤に特大設定差アリ

正義超人チャレンジ(赤)に特大設定差アリ

キン肉マン(スマスロ)の未解析設定判別要素はズバリ「正義超人チャレンジ(赤)」にあります。

キン肉マン(スマスロ)は高設定の機械割が非常に優秀で設定4でも機械割106%を誇り、設定6が現役最高の114.9%となっております。

しかしメーカーから「AT性能に差はない」と発表されており、低設定でも勝負になりますが高設定でも爆死報告が多数あります。

実はキン肉マン(スマスロ)は設定狙いも優秀ですが、特に5号機に大ヒットした某機種と似ておりSP狙いのハイエナが非常に優秀な機種であります。

まずは気になる終了画面の背景について解説していきます。

AT終了画面の背景は全てSP示唆

スマスロキン肉マンですが、AT終了後には「正義超人集合」「悪魔超人集合」等の画面が登場します。

従来であれば「設定2以上」や「設定5の可能性が高い」等と勘違いをしてしまう様な画面ですが…

実はスマスロキン肉マンでは「終了画面の背景は全てSP示唆」となっております。

後述しますが、スマスロキン肉マンはモードA/B/チャンスよりもSPモードが重要というより「SP依存のSPゲー」となっております。

だからこそ終了画面は全て「SP示唆」となっており、以下に示唆をまとめましたのでご確認下さい。

終了画面背景の示唆内容
終了画面 示唆内容
デフォルトスマスロキン肉マンのデフォルト 特になし
バッファローマンスマスロキン肉マンのバッファローマン 5回以内のバッファローマンSP示唆
ラーメンマン(モンゴルマン)スマスロキン肉マンのラーメンマン(モンゴルマン) 5回以内のメシヤSP示唆
正義超人集合スマスロキン肉マンの正義超人集合 5回以内のシナリオSP示唆
悪魔超人集合スマスロキン肉マンの悪魔超人集合 5回以内のいづれかのSP示唆
※悪魔将軍バトル後は必ず出現※
悪魔将軍スマスロキン肉マンの悪魔将軍 次回何かしらのSP確定

正義超人集合は設定456ではないかという話もありましたが、設定1でも確認出来ておりキン肉マンのゲーム性を理解すれば明らかに違う事が分かります。

そして出現頻度からも初打ちでは絶対に勘違いちてしまいそうな「悪魔超人終了画面」ですが、悪魔将軍とのバトル後は必ず出現し通常時に出ても示唆としては弱いです。

朝イチや荒野抜け後以外のSPが期待出来ない場面では、期待出来ませんので勇気を持って捨てても構いません。

AT性能は本当に設定差がないのか

スマスロキン肉マンはAT性能に差はないと言われておりますが、本当にないのでしょうか。

ヴヴヴ等の高純増スマスロに限らず、6号機は高設定になればなるほどAT性能が低くなりやすい傾向があるのでスマスロキン肉マンも怪しい噂はあります。

AT性能に設定差がないのか、解析値の初当たり確率と機械割から計算してみます。

まず設定1のコイン持ち(ベース)は千円で約30.9Gで初当たり1/404.1機械割は97.9%となっております。

①404.1ゲームでの消費枚数を求める
消費枚数=(404.1ゲーム/30.9ゲーム)×50枚=652.6枚
②機械割が97.9%であるときの返却枚数を求める
返却枚数=消費枚数×0.979=652.6枚×0.979=638.9枚

つまり、機械割通りで計算すればスマスロキン肉マンは設定1で初当たりに対して「平均638.9枚」の払い戻しが見込める訳です。

もちろん「SPモードや上位ATまたは完走等の要素を含む数値」なので実際にはここまで高い印象は全くありません(単発ばかりですし)

そして、上記の数字を元に機械割が114.9%で初当たり確率が1/336.5の場合を計算すると以下の通りになります。

各設定の平均獲得枚数
設定 初当たり確率 機械割 平均獲得枚数
1 1/404.1 97.9% 約638.9枚
2 1/400.6 99.1% 約642.1枚
4 1/362.1 106.0% 約622.3枚
5 1/350.7 110.6% 約629.2枚
6 1/336.5 114.9% 約626.6枚
※SPモードや上位ATまたは完走等の要素を含む数値※

上記の通り多少の誤差はあるとはいえ「AT性能は本当に設定差がない」可能性が高いです。

456確定の実戦データからも「単発続き」で爆死する事が多く「上位ATに入りやすい」「一撃万枚」データも優遇されている感じも確認できませんので、本当に設定差はないのかもしれません。

単純に初当たりの多さが、上位ATへのチャンスも多くなり何度も上位へぶち込む事が驚異的な万枚突破率を叩き出しています。

レア小役確率に設定差がある

レア小役確率に設定差がある

スマスロキン肉マンのレア小役確率がメーカー公式より発表されました。

以下の通りとなっておりますので、是非ご確認下さい。

各設定のレア小役確率
設定 弱チェリー スイカ チャンスベル 弱レア合算 強レア合算
1 1/99.58 1/165.97 1/99.58 1/38.3 1/390.1
2 1/97.76 1/162.93 1/97.76 1/37.6
4 1/95.16 1/165.97 1/95.16 1/36.6
5 1/91.00 1/151.67 1/91.00 1/35.0
6 1/85.80 1/143.00 1/85.80 1/33.0
※設定6の実戦値から比率を計算し各設定に割り当てています※

設定判別が難しく判別要素が乏しいスマスロキン肉マンでは、貴重な設定推測要素の一つです。

実戦上のデータではスイカが出にくい結果が出ており「1:1.6:1」の比率で計算して各確率を算出しています。

差は僅かしかないので早期の判断は禁物であり「最低でも2000回程度回してから判断」するように心がけたい所です。

シナリオテーブルの継続率

シナリオテーブルの継続率

スマスロキン肉マンのAT中は「シナリオテーブル」で管理されております。

シナリオ事に継続率が異なっており、継続率はメシア小役等を全て加味した数値ですが「初回はトータルで55%以上」となっており、メーカー公式発表のシナリオテーブルと継続率は以下の通りとなっております。

各テーブルのシナリオ
シナリオ 1戦目 2戦目 3戦目 4戦目 5戦目 6戦目 7戦目
1 C A A C C C D
2 B A B C C D D
3 B A B C D D D
4 B A C C D D D
5 B A C D D D D
6 B C D D D D D
7 E D D D D D D
8 E E E E E E E
各シナリオのトータル継続率
シナリオ 継続率
A 継続率50%以上
B 継続率55%以上
C 継続率65%以上
D 継続率85%以上
E 勝利濃厚
※メシア小役等を全て加味した数値※

ATの概念はレア小役やメシア小役以外のストック以外に「純粋な継続率」での抽選も行っておりますが、対応のメシア小役を引かないと継続させるのはかなり難しいです。

ですので、今回レア小役確率とシナリオテーブルが発表されておりますので逆算して純粋な継続率を算出してみました。

なお算出方法は設定1が基本でメシア対応振り分けは均等1点灯として、シナリオテーブルAを元に算出しております。

各シナリオの最低継続率
シナリオ 継続率
A 継続率約25.93%
B 継続率約33.33%
C 継続率約48.15%
D 継続率約77.78%
E 勝利濃厚

実戦でも体感出来る想像通りの数値となりました。

まず1セットだけに対するレア小役とメシア小役だけの「継続期待度は25.985%」ですが、メーカー公式ではストック含む継続率なのでストック分も含んで算出しております。

特化ゾーンである炎のキン肉マンチャレンジの解析値が公開されておりませんが、前半部分の強チェリーまたはチャンス目成立時の一部ですので1セットに対し1%で計算しています。

上記にストック分と特化ゾーン分を加え算出した数字がシナリオAの最低継続率が約25.93%ですので「約25%」で継続する計算です。

実戦の感覚でも20%~30%ぐらいではないかと思っていたので、大きなズレはないかと思います。

1点灯ですので、ストック期待度も低く実際には複数個ストックが取れる事はほとんどありません。

数字をご覧の通り対応のメシア小役を引かないと継続率だけでエンディング到達はかなり難しいです。

SPモードとは

SPモードとは

まずスマスロキン肉マンには通常のモード以外に「SPモード」が3種類存在しており、各SPモードで恩恵が異なります。

SPモードの種類と恩恵
SPモードの種類 恩恵
メシアSPメシアSP メシア小役が複数点灯
2パターンあり、7戦全点灯または3戦まで複数点灯で以降全点灯(初戦はメシア全点灯確定ではない)
バッファローマンSPバッファローマンSP 初回にバッファローマンが乱入!?
見事勝利すれば、スーパーヒーローモードとなり7戦突破確定
シナリオSPシナリオSP シナリオ7か8確定!?
シナリオ8が選ばれた際の一部でロングフリーズが発生!?ボーナス確定時にフリーズする

他にも超人アタックに当選しやすくなる裏モードも存在しておりますが、割愛させて頂きます。

上記の通りSPモードは3種類「メシアSP」「バッファローマンSP」「シナリオSP」となっており、この中ではシナリオSP出現確率が低く設定されておりメシアSPが大概を占めます。

メシアSPも対象のレア小役が引けなれば単発で終わってしまいますが、ツボにはまれば重複分は「悪魔将軍戦のストック分や勝利抽選」「悪魔大行進の上乗せ」に回るのでチャンスです。

バッファローマンSPを突破出来なくても超人パワー150万以内(液晶ゲーム数)で引き戻せば、一戦目にバッファローマンが再登場するので即ヤメは現厳禁。

なお実ゲーム数150以内は対象外となっているので、注意して下さい。

SPモードのポイント概念

スマスロキン肉マンはポイントが内部的に規定数までに貯まれば、SPモードが発動する形となります。

様々なデータや実戦データから「内部的に最大10ポイント」と予想されており、初当たり時には「必ず1ポイント追加」すると言われております。

ですが注意して欲しいのが「全てのモードに1ポイント加算される訳ではない」という点です。

特にメシアSPは「リセット後に初当たり10回引いても出てこない」事が普通にあります。

全てのモードに加算されるのであれば、SPモードが3種類あるので単純に約3回に一回は発動する計算になり実戦データと異なるからです。

ちなみにSPモードの中でもリセット後は「シナリオSP」「バッファローSP」が出現率しやすく、エンディング後の「荒野後はメシアSPが出現しやすい」と言われております。

設定判別は正義超人チャレンジ赤

正義超人チャレンジ赤

スマスロキン肉マンでは、確定系ケロットトロフィーは初当たり後でなくエンディング後しか出ません。

その為にサンプル数も少なく出現率も低いので、初当たり回数も少ないキン肉マンでは高設定でも中々お目にかかれません。

レア小役確率に差はありますが、基本的なAT性能に差はないので非常に設定判別が難しいキン肉マンですが、実は通常時のある項目に特大の設定差があります。

それは「正義超人チャレンジ赤」です。

モード移行率やSP出現率にも設定差はないと予想されており、初当たり確率は単純に「正義超人チャレンジ赤の短縮による影響」が大きいです。

正義超人チャレンジ赤昇格率
(レア約昇格含む)
設定 昇格率
1 約5%
6 約25%

実戦データからも大きな設定差が躊躇に現れており「スマスロキン肉マン最大の設定差」になるのは間違いありません。

設定6でもモードAやモードBの最大天井に連続で連れていかれる事が多いので、如何に投資を抑えるかが重要になります。

上記の数字はレア役を重ねた場合も含んでおりますのでご注意下さい。

噂では「見た目上は青でも内部赤の正義超人チャレンジ」にも特大の設定差があると言われておりますので、複数確認出来たら激アツです。

メニュー画面の示唆

スマスロキン肉マンではメニュー画面を押すと「設定やSPモード」の示唆を確認する事が出来ます。

なお示唆の内容は後述しますが、基本的に「メニュー画面の示唆は弱い」ので参考程度をおすすめします。

メニュー画面の示唆内容
メニュー画面 示唆内容
キン肉マンメニュー画面示唆のキン肉マン 電源投入時は初当たりまで
150pt到達前
150PT以降も変化なしでSP発動濃厚
ウルフマンメニュー画面示唆のウルフマン 示唆なし
ロビンマスクメニュー画面示唆のロビンマスク 偶数設定示唆
ブロッケンJrメニュー画面示唆のブロッケンJr 高設定示唆(弱)
テリーマンメニュー画面示唆のテリーマン 高設定示唆(強)
ウォーズマンメニュー画面示唆のウォーズマン SPモード発動が近い!?
ラーメンマン(モンゴルマン)メニュー画面示唆のラーメンマン(モンゴルマン) 終了画面モンゴル→モンゴル
メシアSP発動示唆(中)
終了画面モンゴル→ナツコさんかレフェリー以外
メシアSP発動濃厚
終了画面モンゴル以外→モンゴルマン
メシアSP発動濃厚
スプリングマンメニュー画面示唆のスプリングマン SPモード発動示唆(中)
アトランティスメニュー画面示唆のブラックホール SPモード発動示唆(中)+偶数設定示唆
ミスターカーメンメニュー画面示唆のミスターカーメン SPモード発動示唆(中)+高設定示唆(弱)
ザ・魔雲天メニュー画面示唆のザ・摩雲天 SPモード発動示唆(中)+高設定示唆(強)
ブラックホールメニュー画面示唆のブラックホール SPモード発動が近い!?
ステカセキングメニュー画面示唆のステカセキング シナリオSP発動が近い!?
バッファローマンメニュー画面示唆のバッファローマン バッファローマンSPの発動が近い!?
謎の悪魔超人メニュー画面示唆の謎の悪魔超人 SPモード発動示唆(強)
サンシャインメニュー画面示唆のサンシャイン SPモード発動が近い!?
アシュラマンメニュー画面示唆アシュラマン SPモード発動が近い!?
悪魔将軍メニュー画面示唆の悪魔将軍 AT当選時SPモード発動濃厚
ミート君メニュー画面示唆のミート君 SPモード発動が近い!?
ビビンバメニュー画面示唆のビビンバ SPモード発動示唆(弱)
ナツコさんメニュー画面示唆のナツコさん 設定2以上濃厚
私はレフェリーメニュー画面示唆のレフェリー 設定4以上濃厚

まずメニュー画面のSP示唆は「あまり強い要素ではなく」そこまで重要視する必要はありません。

朝イチは据え置きでもリセットでも初当たりまでは「キン肉マン固定」となっておりますので、お間違いなく。

上記の通り多種多様な種類が用意されており、ズルズルと打ってしまう事が多いのでスマスロキン肉マンで勝つためには「辞める勇気」も必要となります。

基本的に示唆系は他のAT終了画面や通常時のセリフに比べ、期待値が低いので絶対に辞めてはいけないのは「設定確定系とSPモード発動濃厚系」のみです。

メニュー画面を確認するまでに数千円捨てる事になる事を考えても、あまり重要な要素ではないのかもしれません。

SPモード狙いのハイエナ

SPモード狙いと言えば、記憶に新しい機種で言えば5号機の「聖闘士星矢~海王覚醒~」を思い浮かぶ方が多いと思いますが、スマスロキン肉マンでもSPモード狙いが有効な機種です。

ただの天井狙いをしてもSPモード以外で7連勝するのは至難の業で、例え液晶300ゲームから打っても期待値はないでしょう。

だからこそSPモード狙いが有効で、どちらかと言えば「知識介入要素が高い機種」なのがスマスロキン肉マンです。

注目するポイントは通常時にあり、特に「セリフの色が強ければ強い程」次回初当たりでのSP発動の可能性が高いです。

しっかりと期待値が高い演出さえ把握していれば「SPモード」を捨てる事はほぼなくなります。

なおアイキャッチにもSP示唆がありますが、出現頻度が少ないので「オレンジ(デフォルト)」が出現しても参考程度に留めておく方がいいでしょう。

通常時セリフの示唆内容
セリフ枠色 示唆内容
セリフ白は基本パターン 基本パターン
セリフ青は頻繫すればSPモードが近い SP示唆(弱)
気にしない
セリフ緑はSPモード示唆(複数回出現で期待度大幅アップ) SP示唆(中)
メインのSP判別要素(複数回で期待度アップ)
セリフ紫はAT当選時にSPモード発動濃厚 AT当選時SPモード発動濃厚(出現率激低)
セリフ赤はAT本前兆濃厚 AT本前兆濃厚

特に重要な要素は「緑色のセリフ」で複数回出現すれば、AT当選時または次回AT当選時のSPモード発動が濃厚になります。

緑色のセリフですが「稀にガセが発生する事もあり5回以内のSP確定ではない」ので、ズルズル打たない様に注意が必要です。

ちなみに重要なのは枠の色であって、セリフ内容は一切気にしなくて問題ありません。

青は単発では期待度的に白と大差ありませんので無視して構いませんし、紫は出現率が激低なので「緑を中心にSP判別」がSP狙いの立ち回りとなります。

スマスロキン肉マンのミミズや冷遇

ミミズや冷遇といえば高純増のヴヴヴは検定を通す為に北斗では短期規制に引っかからない様に、搭載された仕様ですがスマスロキン肉マンにも搭載しているのでしょうか。

結論としては「スマスロキン肉マンにミミズや冷遇はない」と断言出来ます。

実戦からも冷遇しているデータは見受けられず、直ATで純増6.1枚の準備中もない機種ですが冷遇はありません。

理由としては色々考えれますが、スマスロキン肉マンは改めて申し上げますが「SPゲー」であり高設定でもSP以外で上位ATまで辿り着くのは難しいです。

高設定でも天井ばかりでAT中もメシア小役を引けば継続しますが、引けなければほぼ単発ばかりですのでメーカーとしても検定勝負に持ち込んだのでしょう。

スマスロキン肉マンの設定狙いまとめ

スマスロキン肉マンの設定狙いまとめとなりますが、最も重要なのは「正義超人チャレンジ(赤)」を中心に立ち回るのをおすすめします。

他に使えそうなのは「モード移行率」ですが、設定6でも天井に連続して到達するので注意が必要です。

スマスロキン肉マンはモード移行率うんぬんよりも正義超人チャレンジ(赤)の出現頻度が高い事が、初当たり確率に大きな影響を与えています。

ケロットトロフィーの出現確率はかなり低く設定されており、確定系はメニュー画面の「ナツコさん(お尻ビキニ)」「わたしはレフェリー」が中心となりますので見落としがないように気を付けましょう。

今後も「モード移行率やSPモード」に関する解析は出ないと思われますので、是非未解析情報になりますが参考になれば幸いでございます。

エルドラード